深夜酒類提供飲食店の禁止事項

深夜酒類提供飲食店を営業するにあたっては、次に掲げる行為をしてはいけません。

 

  • 接待行為(カウンター越しの接客は構いませんが、客の横に侍ったりすることはできません)
  • 客引き行為
  • 客引きのため、道路その他公共の場所で、人の前に立ちふさがったり、人の身辺につきまとったりすること
  • 午後10時から翌日の日出時間まで、18歳未満の者を客に接する業務に従事させること
  • 18歳未満の者を営業所に客として立ち入らせること
  • 20歳未満のものに酒またはタバコを提供すること
  • 深夜において客に遊興させること(ダンス、ゲーム、カラオケなど)

 

熊本深夜酒類提供飲食店問合せバナー.bmp

 

→深夜酒類提供飲食店営業届出に必要な書類

 

→このページのTOPへ

 

関連リンク
・深夜酒類提供飲食店とは ・深夜酒類提供飲食店の禁止事項
・深夜酒類提供飲食店営業の禁止地域 ・深夜酒類提供飲食店営業届出に必要な書類
・深夜酒類提供飲食店の構造・設備基準 深夜酒類提供飲食店営業届出までの流れと代行報酬