深夜酒類提供飲食店の構造・設備基準

深夜酒類提供飲食店を営業するには、次に掲げる構造・基準を満たす必要があります。

 

  • 客室の床面積が9.5平方メートル以上であること(ただし1室だけを使用して営業する場合は除く)
  • 客室に見通しを妨げる設備がないこと
背の高い椅子(高さ1メートル以上)、つい立て、間仕切りなどを設けたり、カーテン、すだれなどで間仕切りを施すことは認められません
  • 風俗を害するおそれのある写真、広告物、装飾等の設備がないこと
  • 客室の出入口に錠をかけないこと
  • 騒音、振動が各都道府県条例で定める数値以下であること
  • ダンスをするための構造または設備を設けないこと
  • 営業所の照度が20ルクス以下にならないこと

基準に満たない照度に自由に変えられるスライダックス(照明切換装置)などの装置を設置することはできません

 

熊本深夜酒類提供飲食店問合せバナー.bmp

 

→深夜酒類提供飲食店営業の禁止事項

 

→このページのTOPへ

 

関連リンク
・深夜酒類提供飲食店とは ・深夜酒類提供飲食店の禁止事項
・深夜酒類提供飲食店営業の禁止地域 ・深夜酒類提供飲食店営業届出に必要な書類
・深夜酒類提供飲食店の構造・設備基準 深夜酒類提供飲食店営業届出までの流れと代行報酬